小樽築港機関区

小樽築港機関区

2022年8月16日火曜日

 秋田から青森を巡る旅(その3) 2020.7.9

 秋田、青森とまわって、この日は北海道新幹線で函館に向かいます。

 朝のうちから弘前市内を観光し、弘前駅に戻ってJR線に乗車しました。

 弘前駅のホームからは、すぐ横に併設された弘南鉄道のホームが見え、ここにも東急電車が停車しています。


 反対側のJR線の側線には、こちらに来てから見飽きた701系が停まっていて、その先にはタラコ色がいます。


 乗車するのは、やはり701系でした。


 新青森駅から先は、新幹線に乗らないと津軽海峡を線路では通過できません。


 新函館北斗駅からは接続の はこだてライナー ですが、快速 だったので、瞬く間に函館駅に到着しました。


 旅はこれでおしまいなのですが、これでは鉄分が少ないので、函館市電の写真を少々。

 函館には部屋を1室所有しているので時々滞在し、市内をうろつくときに市電の写真を撮っていますが、一眼レフを構えて本格的に撮ったことはありません。

 なので、今回もほんのスナップ程度の代物です。


 函館市電は経営が悪化して路線を縮小してしまい、今残っているのは2系統だけです。


 全ての車両にはラッピングが施され、スポンサー企業の宣伝に使われています。


 全ての車両が異なったラッピングで、同一企業のものはありません。


 純国産の超低床車の導入が進み、2両編成の9600系ラックル号の増備が進んでいます。


 ラックル号には下の写真のようにラッピングが施されていないものも存在し、また、時々短期間で記念ラッピングが行われることがありました。


 現在残っているのは2系統ですが、系統番号は 2と5 で、以前からの系統番号を継承しています。


 ラッピングは主に側面なので、この電車は前から見ると緑色が目立ちますが。


 ところが側面はこんな様子で、NHKの広告塔でした。


 もう一つおまけを。

 函館駅に直結した JRイン のフロントからエレベータまでの床には、線路模様が付けられていて、壁面には DE10 が描かれています。


 2020号機なのは、開業年を示していると思われます。


2022年8月14日日曜日

 秋田から青森を巡る旅(その2) 2020.7.8

 秋田駅前に泊まった翌日は、レンタカーを借りての男鹿半島の観光でした。

 奥羽本線の追分駅から男鹿線が分岐していて、観光ルートもこれに沿うように進みます。

 この当時男鹿線には、EV-E801系ACCUME という充電式電車が投入されていたので、その運行ダイヤを調べておいて撮影をもくろみました。

 天王駅と船越駅の間の船越水道にかかる橋梁の川岸に来ましたが、曇り空からは今にも雨が落ちて来そうです。

 まもなく橋の対岸から、赤と青の2両編成が見えて来ました。


 晴れていれば、もう少し綺麗な色に見えるのでしょうが。


 軽快な足取りで通過して行きました。


 終点の男鹿駅に行ってみますと、何故か入り口扉には鍵がかかっていました。

 建物をまわり込んで、線路側から見渡すと、少し先の方に移転した新しい駅が見えます。


 新駅舎は駅前も広く、うれしいことに屋上に上れるようになっていたので、早速行ってみました。


 先程撮影した ACCUME が停まっていて、その部分だけに架線が張られています。


 敷地内には発電風車も多数あり、新時代の風景でした。


 このあとは雨に降られながらも、男鹿半島を一周の観光です。

 東能代駅でレンタカーを返し、ここからはJRの乗客になりました。


 駅ホームの側線には701系電車が停まっていましたが、見慣れた狭軌のプロポーションです。


 乗車する 特急つがる3号 が入線してきましたが、この短い編成と少ない本数ですが、車内の空き具合から、輸送力が事足りているのを感じました。


 到着したのは弘前駅です。

 市内を観光しながら巡りましたが、途中で、弘前鉄道大鰐線の中央弘前駅に立寄りました。

 その建物は、古びたスーパーか、場末の映画館かといったところで、昭和レトロの味わいがあります。


 改札口から停車中の電車を狙ったのですが、ピントは女の子にあってしまいました。


 線路は川のすぐ横で、石積みの擁壁の上にあります。


 停車していた東急電車が発車して行きました。


 単線片側ホームの、寂し気な始発駅です。


 このあとも、弘前市内の観光を続けました。


2022年8月12日金曜日

 秋田から青森を巡る旅(その1) 2020.7.7

 だんだんSLを撮影するためだけに出かけることが少なくなってきまして、かといって、乗り鉄のように頑張って全線乗りつぶすことも無く、出かけた折に、そこで見かけた鉄関係を記録する程度の、軟弱な鉄になってきました。

 今回は、秋田県から青森県の一部を観光した際に、あまり頑張ることなく記録した鉄道ものです。

 東京駅から秋田新幹線に乗車しましたが、その際、東京駅でこまちとはやぶさの連結部の向こう側に北陸新幹線が入線し、三色が揃いました。


 角館駅で下車。

 乗って来た こまち5号 を見送ります。


 角館駅からは秋田内陸線が出ているので、そちらを覗きに行くと、ホームの横の車庫にも停まっていました。


 角館駅は、武家屋敷通りで有名な観光地の駅なので、それらしい雰囲気があります。


 人並みに観光を済ませ、こまち23号 に乗車するためホームに入ると、上りの普通電車701系が隣のホームに停車しました。


 HOゲージの模型のようなガニ股の5000番台を待たせて、E6系が入線してきましたが、切妻の701系に比べて随分小さいですね。


 こまち は奥羽本線の大曲駅からは逆向きに走るので、後ろ向きで秋田駅に到着しました。

 秋田駅に直結したホテルに投宿したのですが、部屋からは駅前広場は望めるものの、残念ながら線路の方は見えませんでした。


 明日はレンタカーを借りて、男鹿半島の観光です。


2022年8月10日水曜日

 復活SL 10回目の SL冬の湿原号(その3) 2020.2.6

 撮影3日目の朝は、薄日が差して、前日までより少しマシなようです。

 この日行ったのは、国道から細岡駅方向への道を進み、さらに先の踏切のある脇道の近くでした。

 ここから踏切の先の小山に登ると、バックに湿原が広がる写真が撮れるのですが、ここでも周囲の樹々が成長して、撮影できるポイントは数人はいるのがやっとです。

 築堤の先の方から、C11171 がまわり込んで来ました。


 ここでは、いつもあまり煙を吐いてくれません。


 それでも白い排気が、風に流れて動感がありました。


 このあたりではバックに川が入り、ポスター等に使われた場所です。


 木の枝が邪魔で、撮れるのはここまででした。


 今回は都合により4日間ではなく3日間だけの撮影で、その上早いフライトのため、帰りの列車を待たずにこれにて終了し、空港に向かいました。

2022年8月8日月曜日

 復活SL 10回目の SL冬の湿原号(その2) 2020.2.5

 前日同様、この日も朝のうちは曇り空ですっきりしません。

 遠くからの撮影には不向きな天候なので、考えるのも面倒と、前日と同じ茅沼駅の先に向かいました。

 かなり先まで歩いてみたのですが、うまい場所が見つからず、前日の少し先での撮影としました。


 小さなSカーブを抜けて、こちらへと向かってきます。


 昨日同様、煙を吐き続けてくれました。


 茅沼駅まで、もう少しの道のりです。


 この日も午後になると好天になりましたが、今回も怠けて、茅沼駅近くからにしました。


 これまた昨日同様、爆煙を上げながら近づいて来ます。


 横風に流されて、客車は隠れてしまいました。


 後ろ姿の撮影では、完全逆光で良く見えません。


 追いかけは、昨日失敗した遠矢駅の先に、余裕を持って到着できました。


 ここでも盛大に煙を吹き上げます。


 おかげで迫力ある写真が撮影できました。


 この日はこれにて終了ですが、明日の天気はどうなるでしょうか。