小樽築港機関区

小樽築港機関区

2018年6月25日月曜日

空撮 SL冬の湿原号 2015(その4) 2015.2.7

 空撮の最後は、塘路駅から茅沼駅の間です。

 塘路駅では、SL冬の湿原号は少々停車時間があるので、その間は上空を旋回して待つことになります。

 最初は、駅に停車中の様子です。


 人家が多いので少し高度を上げて、騒音で迷惑をかけないようにします。


 発車時刻が近づき、投炭による黒煙が上がり始めました。


 発車して、白樺並木へと進んで行きますが、雪野原に煙の影が落ちています。


 前に回り込むと、塘路湖に繋がる川を渡る手前です。


 その塘路湖をバックにしたカットですが、いつもは氷結してワカサギ釣りをやっているのに、今年は一部が融けています。


 国道に並行した区間で、列車を追い越します。


 国道と別れて踏切を通過しますが、ここにも撮影者の姿が。


 三角点からの撮影ポイントを通過中です。


 この辺りの山肌も全く雪が無く、土がむき出しになっています。


 左の山が、通称二本松のポイントです。


 この山裾をまわりこむと、様子が一変し雪景色になりました。


 ようやく白い世界になってくれました。


 木立を抜けるとシラルトロ湖の雪原に出ます。


 雪で覆われた湿原が広がり、上空から見ると、何やら模様のように見えます。


 冬場だと凍っているので、下から近づいての撮影もできるのでしょうか。


 湿原を抜けると再び木立の中に入りますが、その境界がやけにはっきりとしています。


 茅沼駅に近づいて来ましたが、相変わらず給気運転を続けています。


 ようやく絶気したら、まもなく茅沼駅に到着です。


 この先は道路が並走し、景色も良くないのでここまでとし、女満別空港に戻りました。

 冬場の釧路地方は晴天が多いのですが、女満別はオホーツク側なので晴れる日が少なく、別の年にも空撮を計画したのですが、3日続けて飛行できずに諦めたことがあります。
 その点で、この日は非常に運が良かったようで、パイロットもこんな日は珍しいと言っていました。

 明日は地上からの撮影です。


 いつもご覧頂きありがとうございます。
 バナー画像を交換しました。 ↓日豊本線の C57 1973.2.15 より

↓応援のクリックをお願い致します↓
にほんブログ村:同様のブログ一覧表


2018年6月24日日曜日

空撮 SL冬の湿原号 2015(その3) 2015.2.7

 SL冬の湿原号 空撮の続きで、今回は細岡駅と塘路駅の間での撮影です。

 ヘリコプターだとホバリングができるので、より空撮向きなのですが、料金が高い上に、なにしろ現地では民間用が有りません。
 そんなわけで、列車の上空を旋回しながらの撮影なので、狙ったアングルでの撮影はなかなかタイミングが合いません。

 先ずは、細岡駅を通過中の姿です。


 その後踏切を渡りますが、この踏切にも撮影者の姿が見られます。


 踏切を越えると、夢が丘へ向かう直線に入ります。


 見慣れた区間ですが、上空から見ると、遠くの山まで遥かに見通せます。


 後ろから追い越して、前方に回り込みます。


 新夢が丘に向かって、カーブを切って行きます。


 山裾をまわると、そろそろ新夢が丘からもその姿が見えるあたりです。


 この辺りは釧路川が蛇行していて、上空からはその様子がよくわかります。


 小さな鉄橋を渡るあたりが、丁度撮影ポイントです。


 逆カーブに移るあたりから、絶気運転になるようです。


 この辺りが釧路川に最も接近する場所なのが分かったので、後日行ってみることにします。


 右カーブをまわりきると、そこが塘路駅です。


 明日は、塘路駅から先の様子です。


 いつもご覧頂きありがとうございます。 ↓雨上がりの 関西本線 柘植 1972.8.12 より

↓応援のクリックをお願い致します↓
にほんブログ村:同様のブログ一覧表


2018年6月22日金曜日

空撮 SL冬の湿原号 2015(その2) 2015.2.7

 SL冬の湿原号 の空撮の続きです。

 本日は、釧路湿原駅の出発から細岡駅までの間です。

 セスナは、地上の障害物から150m以上の高さを確保して飛行しなければならないので、概ね180m程度の高度を飛びながらの撮影になります。


 画面中央に発車直後の列車の姿がありますが、レンズの焦点距離を短くするとずいぶん高い所からの撮影のように見えます。

 ドローンの空撮で、ずいぶん高さがあるように見えるのは、広角レンズでの撮影だからです。


 釧路湿原駅を発車して、加速を続けているところです。
 逆光側からだと、川面の色が黒く見えます。


 後ろに回り込んで、昨日撮影した辺りに向かって走る姿です。


 そろそろ下り勾配にかかりますが、力行を続けています。


 この辺りから、釧路川が近づいて来ます。


 カーブの走行抵抗のためか、依然として給気運転を続けていて、今後の撮影ポイントを探すときの参考になりそうです。


 画面右上には細岡駅が見えてきました。


 踏切付近には、数人の撮影者の姿があります。


 細岡駅の手前から、再び力行運転になったようです。

 枚数が多いので、本日はここまでです。


 いつもご覧頂きありがとうございます。 ↓雨上がりの 関西本線 柘植 1972.8.12 より

↓応援のクリックをお願い致します↓
にほんブログ村:同様のブログ一覧表


2018年6月21日木曜日

空撮 SL冬の湿原号 2015(その1) 2015.2.7

 宿泊していた釧路のホテルを早く出て、女満別空港に向かいました。

 この日は飛行機をチャーターし、SL冬の湿原号 の空撮を計画していたのですが、幸い絶好の天気に恵まれました。

 飛行時間×単価 で料金が決まるので、撮影場所を遠矢駅を発車したあとから茅沼駅に到着するまでとし、現着までの時間から離陸時間を決定しました。

 遠矢駅の手前の上空に到着し、列車の姿を探すと、時刻どおりに走行する SL冬の湿原号 の姿を見つけられました。


 岩保木水門に向かう道路と並走するあたりです。


 途中の踏切のあるあたりでは、逆光側になりました。


 当然セスナの方が速いので、列車の周りを旋回することになります。


 年々積雪量が減って、地肌が目立つのが残念です。

 直線区間の最後に近づき、遠くに釧路湿原や山々が見えてきます。


 岩保木水門近くでカーブしますが、撮影者の姿とクルマが見えました。


 この先を回り込んだら、釧路川も画面に入って来ます。


 この辺りから絶気運転になったようで、煙を吐かなくなりました。


 葉を落とした木立だけの中を進んで行きます。


 釧路湿原駅に到着しました。


 左上には、細岡展望台とビジターズラウンジが見えます。

 当日撮影されていた方には、騒音でご迷惑をかけたかもしれませんので、この場でお許しを。
 明日に続きます。


 いつもご覧頂きありがとうございます。 ↓雨上がりの 関西本線 柘植 1972.8.12 より

↓応援のクリックをお願い致します↓
にほんブログ村:同様のブログ一覧表