小樽築港機関区

小樽築港機関区

2019年7月16日火曜日

 D60 の走る 磐越東線 1968.3.18

 奥中山での撮影を堪能して、東北本線の夜行列車で郡山駅に向かったのですが、2日続けての夜行列車のうえ、郡山駅着は早朝というか未明なので、寝過ごさないようにするのが大変でした。

 郡山駅から磐越東線の一番列車で向かったのは船引駅で、ここからは要田駅方向に向かって小さな峠越えがあります。

 歩き始めるとすぐに、上り貨物列車が駅に進入してきました。


 その後、急いで撮影ポイントに向かったのですが、背後から下り貨物列車が近づいて来てしまいました。


 テンダーを背中合わせにした D60重連 で、上り勾配を駆け上がって行きます。


 ようやく陽が上り、順光側のポイントで待つうちに、朝日を浴びながら下り貨物列車が遠くから姿を現わしました。


 順光サイドにはハエたたきがあるので、逆光側に回って、今度は客車列車をネガカラーで撮ってみました。


 これで切り上げて場所替えです。

 お隣の要田駅に行き、三春駅方向へと進みました。

 このあたりでは上り列車が連続上り勾配となりますが、D60重連 の客車列車がトンネルから飛び出してきました。


 客車列車を重連で牽引する、SLファンにとっては豪華な列車です。


 線路を見下ろす高台に上がると、今度は二条の煙を上げながら、上り貨物列車がやって来ました。


 D60背中合わせ重連 で、朝見た組合せの折り返しです。


 磐東線は比較的輸送量の多い支線なので、急行DC も運転されていました。


 次の上り貨物は単機牽引なので、トンネルからの飛び出しを狙います。


 下り貨物は、勾配を転がって来るだけなので、流し撮りをしてみました。


 今度の上り貨物が、この線の一番の見ものの列車です。


 最後部に逆向き重連補機が付いているのですが、残念ながら、1枚の中には納められませんでした。


 まだ陽は高いのですが、今日中には東京に戻らなければならないので、これで切り上げて郡山駅に向かいます。


 乗車列車を待つホームで撮影したのですが、磐越西線では ED77 の重連が、東北本線では ED71 の重連が、それぞれ貨物列車を牽引していました。


 2日連続の夜行の旅だったので、帰りの列車では爆睡していたようで、上野駅到着までの記憶が有りません。

2019年7月14日日曜日

 奥中山の D51三重連 1968.3.18

 全線電化を控えた東北本線の、有名撮影地である奥中山の大カーブに、D51三重連 を求めて、上野駅から夜行急行に乗り込みました。

 当然ながら二等の座席車で、あまり眠れないまま、乗換駅である沼宮内駅に降り立ちました。

 ここで各駅停車の客レに乗換えますが、煙突脇に補助デフを付けた C60 の牽引です。


 奥中山駅で下車し、国道を大カーブに向かって歩いていると、背後から勾配を下って来る貨物列車が見えました。


 なんと、しょっぱなから D51 の三重連です。


 大カーブに登り、最初にやって来たのは DD51重連 の牽引する 急行第4十和田 です。


 DD51重連 でも、最後尾には D51 が付いていました。


 次に来たのは、単に D51重連 の貨物列車です。


 前部重連に後補機付の貨物列車が多い中、注目の C60重連 の客レがやって来ました。


 今度の貨物も、重連に後補機付です。


 少し大カーブを進むと、後補機越しに前部の重連が画面に入ります。


 昔からよく撮られていた、上り線脇の擁壁に登ってみます。

 架線や架線柱が結構目障りなうえ、横風も強くなってきました。


 上り線側は順光での撮影ができますが、迫力はありません。


 再び線路面に降りて待っていると、遠くの方にようやく3本の煙が上がるのを確認できました。


 しかしながら、強い横風に煙が流され、前からの良いカットは撮れませんでした。

 そのあとには、変形の集煙装置を付けたD51と、半流のD51の組合せの重連が通過しました。


 飽きてきたので奥中山駅方向に線路端を歩いて場所を変えると、珍しく C61 が単機で客車を牽引して近づいて来ます。


 その先の線路を横切る水路橋に登ってみると、本日2回目の DD51 が登場、特急貨物北たから の通過です。


 反対側を振り返ると、D51重連 の上り貨物が、トンネルから飛び出してきました。


 このあと再び大カーブへと歩いていると、背後から D51+C60 の上り普通列車が勾配を下って行きました。


 大カーブでは下り列車はほぼ終日逆光になってしまいますが、そんな中、D51重連 がやって来ました。


 その後、日が傾いてきて、そろそろ引き上げる時間が近づいたころ、やって来た上り貨物は D51三重連 です。


 この日の下りの三重連は1本のみで、その上煙に巻かれてしまいましたが、大幹線を行く多くのSL列車を堪能できました。

2019年7月12日金曜日

 SLを求めてうろついた一日(その2) 1968.2.18

 前回に続いてこの日もフィルム1本入れただけのカメラを提げて、今度は千葉方面へと向かいました。

 新小岩駅で下車、近くにある線路をオーバークロスする陸橋に上がると、機関区やヤードを見下ろすことができます。


 C58 が入れ替え作業をやっていましたが、架線を避けての撮影です。

 反対方向からは D51 が貨物を従えて、通り過ぎて行きました。


 ここではこれだけで切り上げて、千葉駅に向かいました。

 今のようなビルに囲まれていない千葉駅から、本千葉駅方向に歩きました。

 この区間では外房線と内房線の両方の列車が見られ、効率的なのですが、当然ながら良い景色ではありません。


 DC混結の普通列車が下って行き、上りのSL列車が見えたので踏切の反対側に回ります。


 1桁ナンバーの C58 が短い貨物を牽いて通過しました。

 房総方面には多くのDC急行が運転されていて、急行そとうみ が大きな愛称板をかかげて上って行きます。


 どこかの駅の入換に向かうのか、C58 の単回がバック運転で通過します。


 次に下って来た 急行そとうみ は、キハ28系の整った編成です。


 傾きかけた陽射しの中をやって来たのは、キハ35系を連ねた編成で、外吊戸がずらりと並んでいます。


 ようやく待ち焦がれた客車列車がやって来ました。


 C57 が長編成を牽引し、その雄姿を見せてくれました。

 今度は左から単機回送が、右からは貨物列車が目前ですれ違うように近づいて来ました。


 当然ながら D51 牽引の貨物の方を撮影します。


 その D51 の後追いを撮ったところで、フィルムが無くなりました。

2019年7月10日水曜日

 SLを求めてうろついた一日(その1) 1968.2.4

 この日は煙を求めて、朝から首都圏をうろつきました。

 先ずは山手赤羽線、今では路線名も変わってしまいましたが、赤羽線にはまだ D51 牽引の貨物列車が残っていたので撮影に行きました。

 十条駅で下車し、撮影場所を探したのですが見つからず、駅に戻って跨線橋からの撮影となりました。


 ちょうど停車中の101系の脇を走り抜けて行きました。

 次は上野駅の常磐線ホームです。


 成田線直通の C57 牽引の客レが、発車待ちをしていました。

 北側からは、このホームに到着の常磐線の下駄電が入線してきます。


 そのあとには 寝台特急はくつる を牽引して、EF58 がやって来ました。


 はくつる の写真を撮るならば、もっとましな場所に行ったのでしょうが、この当時はSLばかりを撮っていて、ついでの撮影なのでこんなカットしか有りません。

 次は大宮駅まで移動です。

 大宮機関区を目指したのですが、途中の道路橋から、丁度発車してきた川越線の貨物列車を撮影できました。


 当時は鉄道の町として栄えた大宮ですが、機関区を訪問すると、ごく気楽に迎えてくれました。


 多くのSLがいて、その煙であたりが霞んでいます。


 クラの中にもお邪魔しました。


 機関区の脇では、D51 が貨物列車の仕分けをしています。


 北国から到着した貨車の屋根には、白い雪が積もっていました。


 本線上では、クモユニ74を連ねた荷電が通過して行きます。


 大宮駅に戻り帰途に着いたのですが、最後の1枚でお隣の東武線を撮ったカットが残っていました。


 フィルム1本だけであちこち走り回った、楽しい一日でした。