小樽築港機関区

小樽築港機関区

2019年2月17日日曜日

12月の 大井川鐵道(その2) 2005.12.17

 寸又峡温泉に宿泊して、翌日の大井川鐵道です。

 この日もSL列車は1本だけの運転なので、朝はゆっくりして、それでも列車が来るのは昼頃なので、井川線を見に行きました。

 本日も絶好の天気で、ダム湖の水面に太陽が反射している中を、下りの一番列車がやって来ました。


 3両編成の列車を2本併結していますが、これは次の接岨峡温泉駅から上りの1番列車として折り返す編成がつながっているからです。

 しばらくすると、その片割れが姿を見せました。


 大井川湖上駅を発車しましたが、ホームの長さに対して編成が短いので、まだ列車はホームにかかっています。


 あとを追いかけて、アプト区間でも撮影します。


 このあとは本線に向かいますが、大井川第一橋梁で、白煙と機関車のシルエットを狙うことにしました。


 気温が低いのと、ドレーンのサービスにより、うまいこと浮かび上がってくれました。


 この1本だけなのですぐに追いかけて、田野口駅と駿河徳山駅の間の対岸の、線路を見下ろす場所に向かいました。

 この日は C108 の牽引で、客車が昨日より増えているので、EL の補機が付いています。


 撮影後は帰りの列車を待たずに、これにて早々に引き上げました。

2019年2月15日金曜日

12月の 大井川鐵道(その1) 2005.12.16

 12月の大井川鉄道は、観光客の姿はほとんどなく、SL列車の運転も定期の かわね路号 の1往復のみになってしまいます。

 温泉旅館も閑散期になり、料金も安くなるので、撮影がてら寸又峡温泉で1泊し、ゆっくりしようと計画しました。

 その1往復だけのSL列車ですが、塩郷駅と下泉駅の間で、大井川をバックに茶畑を入れて撮ろうと目論みました。


 このあたりでは、普通は線路の大井川側から撮るのですが、この角度ではモロに逆光になってしまいます。


 冬場なので白煙が出てくれるので、何とか見られるものが撮れたようです。

 この1本だけなのですぐに追いかけて、大井川第二橋梁での撮影に間に合いました。


 閑散期なので、C11190 が、単機で3両の客車を牽引しています。


 このまま上流へと向かい、千頭駅に行きました。

 既に帰り支度が整っていましたが、C11190 は九州のカマの特徴の通風孔が、後ろ姿で良く目立ちます。


 上り列車の撮影は省略し、寸又峡温泉に向かいました。

 ここの温泉街入口の駐車場には、森林軌道の車両が保存されていますが、すっかり山影になってしまい、綺麗に撮れません。


 この日は早々に宿に入り、温泉を満喫することとしました。

2019年2月13日水曜日

12月の 成田ゆめ牧場 2005.12.3

 5月の連休に続いて、この年2回目の 成田ゆめ牧場 です。

 羅須地人の皆さんによるSL運転の予定はホームページで発表されるので、夏休み以来、煙の臭いを嗅いでいないので、行ってみました。


 前回同様、この日も6号機が使用されていました。


 本日は、セミ版1台にフィルム1本詰めただけの気楽な撮影です。


 さすがに12月ともなると、園内のお客さんも少ないようです。


5月の連休には列をなしていた乗り場も、閑散としています。


 それでも空は晴れ渡り、撮影にはうってつけです。


 すっかり冬姿になった桜並木を、かわいいSLがのんびりと走っています。


 営業路線での復活SLの撮影と違って、昔のようにのんびりと撮影できた1日でした。

2019年2月11日月曜日

SL奥利根号 2005.8.28

 恒例の遅い夏休み、毎度の長野県への行き掛けの駄賃に、上越線の D51498 を撮影に寄りましたが、今回は SL奥利根号 という名称での運転です。
 いつもの SLみなかみ号 とはヘッドマークのデザインが違うだけですが。

 撮影場所は渋川駅の北側、線路が利根川を渡り、再び北へと向かうカーブのアウト側のポピュラーな場所です。


 ここでの撮影可能な範囲は狭く、連写で数枚撮れるだけです。


 このあとの追いかけての撮影は、上牧駅の手前の後閑駅との間で、線路とは国道を挟んだ高台です。

 まだ上り勾配が続くはずですが、上牧駅が近いためか、あまり力行してくれず、煙はスカ状態でした。


 周辺で食事や観光で時間をつぶし、帰りの撮影場所を、上牧駅と後閑駅の間の線路際、Sカーブの地点としました。


 下り電車の後ろ姿を撮影し、しばらく待つと、D51498 が勾配を下って来ました。


 上下線分離のロープをかわすため、少し高い足場に登っての撮影ですが、当然ながら寂しい煙です。


 この年の夏休みの撮影はこれだけで、少々物足りなく思いながら過ごしました。

2019年2月9日土曜日

GWには 成田ゆめ牧場 2005.5.4

 ゴールデンウィークには各地でSL列車が運転されるのですが、どこへ行っても大渋滞が予想されるので、近場の 成田ゆめ牧場 に出かけることにしました。

 3年ぶりの訪問ですが、前回も同じ5月4日でした。

 先ずはヤードの様子を見に行きます。


 運転に備えて、蒸気圧を上げているようです。

 そのそばを、SL登場までを受け持つ、酒井が通過して行きます。


 今日の担当は、赤く塗られた6号機のようです。


 酒井に代わって、6号機が運用に入りました。


 5月の新緑に、赤い車体が良く映えます。


 合間を縫って、加藤が単機でやって来ましたが、試運転でしょうか。


 この日は6号機だけが、終日多くの乗客を乗せて、走り回っていました。


 まだまだ陽は高いのですが、夕方の混雑を恐れて、早々に引き上げました。

2019年2月7日木曜日

SL冬の湿原号 2005(その4) 2005.2.27

 SL冬の湿原号 撮影の、この年の最終日です。

 ようやくスカッパレの、ピーカンになってくれました。

 今回は連日、塘路駅の先の高い所に登っていますが、この日は一番高い所、三角点まで大汗をかきながら辿り着きました。

 空気が澄んでいるので、塘路駅を発車して来る遠くの列車を、長い間撮影できます。


 塘路湖は全面氷結していて、ワカサギ釣りのテントが沢山見受けられます。


 C11171 が煙を吐きながら、足元に回り込んできますが、ここからのアングルは、SL現役の頃に撮影された、C58 牽引の列車の写真が発表されています。


 ここでもセミ版の準広角で、広い範囲を撮ってみました。


 手ごたえに満足して、また年甲斐もなく山に登り疲れたので、帰りの列車はまたしても茅沼駅の発車でお茶を濁すことにします。

 この日も丹頂鶴が来ていたのですが、発車前に飛び去ってしまったのが残念です。


 やがて汽笛も無く、静かに雪晴れの雪原を発車して来ました。


 ここでもセミ版で、木と雪上の影を入れて遊んでみました。


 C11171 のバック運転の姿も、順光で、下回りにも日が当たってくれます。


 ここからは普通に走れば追い越せるので、遠矢駅の先の道路橋で通過を待ちます。


 2005年の撮影はこれにて終了で、また来年も来ようと決めて帰路につきました。

2019年2月5日火曜日

SL冬の湿原号 2005(その3) 2005.2.26

 SL冬の湿原号 撮影の3日目です。

 この日も期待したほど晴れてくれません。

 最初の撮影地は、連日の二本松展望台近くですが、前日の場所から少し離れたところで、少々アングルが異なります。


 SL冬の湿原号 が、塘路湖の手前を煙を吐きながら走ってきましたが、横風を受け、曇り空も相まって、列車の姿はあまり見えません。

 左にカーブして、こちらに向きを変えながら近づいて来ます。


 このあたりは新雪が少し降ったので、線路や道床が白く埋もれています。


 この時も準広角のセミ版で、同時に撮影しました。


 帰りの列車の撮影は、釧路湿原駅と遠矢駅の間の、岩保木水門のあたりでと思ったのですが、遠矢駅北側のアプローチ道路の除雪が途中の分かれ道までしかされておらず、普通乗用車ではその先は乗入れられませんでした。

 仕方が無いので、その分かれ道の踏切近くで列車を待ちました。


 この頃になって、ようやく青空が広がり、この地方らしい空模様となりました。


 この分だと、明日こそ晴天が期待できそうです。