小樽築港機関区

小樽築港機関区

2021年3月7日日曜日

 復活SL 最後の C62ニセコ(その1) 1995.10.8

 1988年から運行されていた C62ニセコ ですが、資金難からこの年の11月3日をもって終了することになりました。

 そこでこの年は5月にも撮影に行ったのですが、終焉の近づいた10月にも訪問しました。

 運転本数が減った上に、いよいよ無くなるというので撮影者の数は非常に多く、線路際は混乱を極めていました。

 最初に行った小沢駅と倶知安駅の間の踏切からしばらく歩いた地点でも、まさしく立錐の余地が無い有様です。

 そんな中を、後方から下りのDCが通過して行きました。


 あとから来る人を追いやりながら待つうちに、ようやくカーブの向こうから C623 が顔を出してきます。


 まわり込んできて、直線区間に入って来ました。


 周りでは多くのシャッター音だけが、響き渡っています。


 近づいてきたところで、最後の1枚を切りました。


 今度は小沢駅の銀山駅側ですが、早々に移動して場所を確保します。

 ここでも先に上りDCが通過して行きました。


 太陽が山に隠れた頃、Sカーブの向こうから、白煙を上げながら近づいて来ました。


 ここは薄暗いので、ヘッドライトの灯りがレール面に反射しています。


 それでも背後が暗いので、白煙がきれいに残って見えてくれます。


 近づいて来るぎりぎりまで撮り続けました。


 この翌日は月曜なので運転が無く、次の撮影は火曜日の祭日です。

2021年3月5日金曜日

 復活SL 走り始めた SL北びわこ号 1995.9.2

 この年の8月19日から、新しいSL列車として SL北びわこ号 が、北陸本線の米原駅と木ノ本駅の間で運転を開始しました。

 早速撮影に赴きましたが、9月に入ったばかりで、やたらと暑い日でした。

 東海道本線の電車から米原駅に降り立つと、既に C56160 を先頭にした列車がホームで発車までの時間を過ごしていたので、早速ヘッドマークを見に行きます。


 沿線にはこれといった勾配区間が無く、どこが良いのか分からないまま、虎姫駅と河毛駅の間の田園地帯に行ってみました。

 田圃が広がる中を、上りの特急電車が通過します。


 やがて、遠くから C56 が汽笛と共に近付いて来ました。


 くそ暑いので、煙は見えません。


 平坦線なので、C56 なのに5両も牽引していました。


 今度は虎姫駅を越えて、長浜駅側に向かい、姫川の鉄橋で帰りの列車を待ちます。

 木ノ本駅にはターンテーブルが無いので、バック運転で戻って来ました。


 今回も無煙運転で、通り過ぎて行きます。


 煙が無いならば伊吹山をバックに撮ろうと、田村駅と長浜駅の間に移動しました。


 特急電車や貨物列車が通過して行きます。


 下りの2本目、3号がやって来ました。


 煙はすぐに見えなくなります。


 C56160 と伊吹山の組合せは撮影できましたが、山も霞んでいてイマイチでした。


 このSL列車は、このあとも継続して運転されていて、何度か撮影に向かいました。

2021年3月3日水曜日

 梅小路の C551 と D511 1995.8.19

 何度か通った梅小路蒸気機関車館ですが、当然のことながら静態保存機はいつも扇形庫の中に置かれていて、全景写真を撮ることが困難です。

 ところがイベントやその他の理由で庫外に出されることがたまにあるので、電車で横を通過するときにはいつも注視していました。

 今回、夏休みから単身赴任先の大阪に戻る新幹線の車内から眺めていると、C55 と D51 が出されているのを目撃し、次の休みに駆け付けました。

 庫外に置かれているのを確認して、先ずは C622 が格好良く見えたので、こちらから先に撮影します。


 C551 と D511 は、ターンテーブルにお尻を向けて2両並んでいたので、先ずは撮りやすい C551 から。


 そして、2両の前頭部を。


 C551 を斜め後方からも撮影しましたが、テンダー後ろの説明板が付いたままなのが興ざめです。


 そして真正面からも1枚。


 本日のスチーム号の牽引機は 8630 なので、これも一応撮影しておきました。


 次は D511 ですが、こちらは隣に C551 がいるので、少々窮屈です。


 C551 との顔合わせも撮影。


 そして正面から1両だけで。


 D511 の前方のこの先は立ち入れないので、斜め後方から右側面の撮影を行いましたが、こちら側は逆光になってしまいます。


 最後にもう1枚、並びの写真を撮りました。


 このあとも、様子を見ながら梅小路にはたびたび訪れました。

2021年3月1日月曜日

 復活SL 夏休みの SL奥利根号(その3) 1995.8.11

 夏休みの最終日、4日目ですが、この日も午前中は D51 の撮影に出かけました。

 今回の撮影場所は渋川駅と敷島駅の間で、寒い季節ならばバックの山々がくっきりと見えるところですが、暑い夏なので、あまり宜しくありません。


 トップライトで D51 は黒くつぶれるし、力行していても煙は薄いしで思わしいものは撮れませんでした。


 この日も追いかけは上牧駅と水上駅の間になりましたが、晴天なので、完全な逆光です。


 それでも途中から、少し煙の出が良くなったのが救いでした。


 以上、家族に文句を言われながらも、4日間の休暇のうち3日も D51 の撮影ができた夏休みでした。

2021年2月27日土曜日

 復活SL 夏休みの SL奥利根号(その2) 1995.8.10

 上越線沿線での夏休み、この日も午前中は鉄に出かけました。

 今回は敷島駅と津久田駅の間の上下線が離れている場所ですが、この頃は立入りが制限されずに撮影ができました。

 通過時間の少し前に行ったので、普通電車等のおまけはありません。


 D51 にとって、6両程度の客車は軽いもので、上り勾配区間をかなりの高速でやって来ました。


 もっとも、この程度の速度で走らなければ、列車ダイヤに支障があるでしょう。


 追いかけて、今度は上牧駅と水上駅の間です。


 この日は曇り空なので、逆光でつぶれることなく撮影できました。


 最後にアップで撮り終えます。


 このあとは、大人しく付き合ってくれた家族に、こちらが付き合う番です。

2021年2月25日木曜日

 復活SL 夏休みの SL奥利根号(その1) 1995.8.8

 この年の夏休みは群馬県の上越線沿線で過ごすことにしたので、家族サービスの合間に、D51498 の撮影ができました。

 初日に訪れたのは、沼田駅の岩本駅寄りのカーブ地点ですが、線路近くの道路が改修されていて、以前とは少し撮影ポイントが変わりました。

 炎天下で到着を待つ間に、最初に来たのは上りの普通電車で、2両の軽い編成です。


 少しあとには、追いかけるように、185系の 新特急谷川 が通過して行きました。


 そしてようやく本命の SL奥利根号 ですが、外気温が高く、停車駅が近いにもかかわらず、D51498 はそれなりの煙を吐きながらやって来ました。


 最後尾には EF551 が付いていて、プッシュプルの編成です。


 撮影後は水上駅に向かい、転車台に乗る様子を撮影しました。


 方向転換を終えた D51498 は、EF64 の隣に停車して、帰りの仕業までお休みです。


 D51 に続いて EF551 も方向転換で、2位側のパンタを降ろして転車台に乗り込んできました。


 方向転回中は架線が無いので、パンタグラフを畳んでいます。


 撮影はここまでで、このあとは家族連れで昼食タイムでした。

 行ったところが新幹線の水上高原駅の近くだったので、駅前に保存されている D51745 を見に行きました。


 このあとは、帰りの列車の撮影をせずに、きちんと家族サービスをしたのです。